感染症医・忽那賢志(くつなさとし/1978年-)“輸入感染症”対策の担い手!デング熱(70例)・エボラ出血熱擬似症(4例)・ジカ熱・回帰熱/情熱大陸-4月5日(日)23時~

感染症医・忽那賢志(くつなさとし/1978年-)“輸入感染症”対策の担い手!デング熱(70例)・エボラ出血熱擬似症(4例)・ジカ熱・回帰熱/情熱大陸-4月5日(日)23時~

130
シェア
感染症医・忽那賢志(くつなさとし/1978年-)“輸入感染症”対策の担い手!デング熱(70例)・エボラ出血熱擬似症(4例)・ジカ熱・回帰熱/情熱大陸-4月5日(日)23時~

2015年4月5日(日)23時から放送の「情熱大陸」は、「忽那賢志/エボラ出血熱、デング熱・・・“輸入感染症”対策の担い手」をお届けします。

主人公は、感染症医の忽那賢志(くつなさとし/1978年-)。山口大学医学部卒業後、救急医療の現場で働いたのち感染症を専門とする感染症医の道へ進む。2012年より、独立行政法人国立国際医療研究センター病院 国際感染症センターで、デング熱70例、エボラ出血熱擬似症4例、ジカ熱、回帰熱など海外渡航者が日本に持ち込んだ輸入感染症を診断してきました。

番組では、日々、輸入感染症と戦う忽那賢志医師に密着し、西日本を中心に拡大の一途をたどるダニ媒介感染症「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」の疫学調査を紹介。

独立行政法人国立国際医療研究センター病院 国際感染症センター

番組公式サイト:情熱大陸 – 毎日放送

番組公式ツイッター:情熱大陸 (jounetsu) on Twitter

番組公式フェイスブック:情熱大陸 | Facebook

[box type=”shadow” ]
NCGM エボラ出血熱対応PPE 訓練動画

[/box]