第21回優勝者はゆんぼだんぷ(カシューナッツ・藤原大輔)“まるで鏡のような水面に雨の雫が一滴落ちる音”/博士と助手~細かすぎて伝わらないモノマネ選手権~

第21回優勝者はゆんぼだんぷ(カシューナッツ・藤原大輔)“まるで鏡のような水面に雨の雫が一滴落ちる音”/博士と助手~細かすぎて伝わらないモノマネ選手権~

149
シェア

とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)の人気企画、全国予選を勝ち上がった数十組が“細かすぎて伝わらない”モノマネを披露する「博士と助手~細かすぎて伝わらないモノマネ選手権~」が2015年4月2日(木)に放送されました。

第21回をむかえた「細かすぎて~」は、全国予選を勝ち上がった新人や常連が新ネタを披露!出場者とネタ内容は以下の通り。

・女性ピン芸人の横澤夏子(よこさわなつこ)が、“自分の食欲を自慢する女”のモノマネを披露。
横澤夏子 (@45sawa72) | Twitter

・タイタン所属のお笑いコンビ「ツインタワー」のオオニシ(1983年5月2日-)が、“「もっと騒ぐんだ!」と客を煽るセリフがハワイのホテル名を叫んでいる様に聞こえる湘南乃風の若旦那”のモノマネを披露。
ツインタワーオオニシ (@twintower0024) | Twitter

・本田圭佑選手のモノマネで知られるじゅんいちダビッドソンが、“サッカー日本代表のアジアカップのハイライト”のモノマネを披露。
じゅんいちダビッドソン (@JUNICH_DAVIDSON) | Twitter

・お笑いコンビ「キャン×キャン」の長浜之人(ながはまゆきひと)が、“FNNスピーク残り5秒でジョークを入れてくる野島卓アナに対して、冷静沈着な一言で番組を締める島田彩夏アナ”のモノマネを披露。
キャン×キャン 長浜之人オフィシャルブログ Powered by Ameba

・ものまねタレントのDANZY(ダンジー)と民秋貴也(たみあきたかや)が、“つんく♂を待っていられない玉置浩二”のモノマネを披露。
DANZY(ダンジー) | ものまねタレントを派遣するオフィス・アズワン

・お笑いコンビ「弾丸ジャッキー」のオラキオとテキサス、お笑いコンビ「ウキウキワクワク」のタカギマコが、“思わぬエンディングを迎えるB級インド映画”のモノマネを披露。
ウキウキワクワク – 三木プロダクション

・松竹芸能所属のお笑いコンビ「ボルトボルズ」の弓川信男(ゆみかわのぶお)が、“何度か断ったすえお金をもらった後の大人のお辞儀”のモノマネを披露。
ボルトボルズ – タレント一覧 – 松竹芸能株式会社

・お笑いコンビ「ガリベンズ」の矢野正樹と長谷川恒希が、“上田晋也のファッションチェックをするおぎやはぎ矢作兼”のモノマネを披露。
矢野正樹(ガリベンズ) (@garibensyano) | Twitter

・キンタロー。が、“手と指先だけで全てを表現するフィギュアスケート女子鈴木明子”のモノマネを披露。
キンタロー。 (@Kintalo_) | Twitter

・ウクレレえいじが、“山手線で見た笑った際口を抑えすぎの女子高生”のモノマネを披露。
ウクレレえいじのマニアックでごめんネ! – livedoor Blog(ブログ)

・ジャイアンツ坂本勇人選手のものまねをするワタナベエンターテインメント所属のさかとも(1991年1月22日-)が、“予想していた球が外れる坂本勇人選手”のモノマネを披露。
さかとも (@sakatomo7_3) | Twitter

・エハラマサヒロが、“武田鉄矢の勢いの良い締めナレーション”のモノマネを披露。
エハラマサヒロ (@eharamasahiro) | Twitter

・大泉洋や松田将太のものまねを得意とする森たくまが、“妻と離婚の話をする冴えない夫役の小日向文世”のモノマネを披露。
森たくま「ものまね」 (@makutarimo) | Twitter

・松竹芸能所属のみょーちゃん(茗荷貴史)率いるみょーちゃん劇団が、“兵士達の争いを思わぬ方法で治める韓国の軍楽隊員”のモノマネを披露。
みょーちゃん – タレント一覧 – 松竹芸能株式会社

・ワタナベエンターテインメント所属のお笑いグループ「超新塾」のアイクぬわら(アイク・ヌワラ/Ike Nwala)が、“東京ディズニーシー入口のアナウンス”のモノマネを披露。
アイクぬわら(超新塾/ぬわらし) (@AIC65) | Twitter

・松岡昌宏(TOKIO)や林修先生のものまねを得意とするむらせが、“朝起きた時の東山紀之”のモノマネを披露。
むらせ (@murase_yuichi) | Twitter

・中村愛が、“可愛すぎてまっすぐ歩けず局内をフラフラ歩くフジテレビアナウンサー三田友梨佳”のモノマネを披露。
中村愛 オフィシャルブログ 「TOILETがあれば、ご機嫌です。」 Powered by Ameba

・松岡修造のものまねを得意とするこにわ(小庭康正)が、“錦織圭選手にインタビューをする松岡修造”のモノマネを披露。
こにわ (@yasumasakoniwa) | Twitter

・男女お笑いコンビ「シンクロック」の吉田結衣(よしだゆい)が、“オシャレすぎて何を使って何を作っているのかわからないまま料理を完成させる料理研究家”のモノマネを披露。
吉本興業株式会社 芸人プロフィール | シンクロック
シンクロック吉田 (@synchro_yoshida) | Twitter

・松竹芸能所属のお笑いコンビ「ゆんぼだんぷ」のカシューナッツと藤原大輔が、“まるで鏡のような水面に雨の雫が一滴落ちる音”のモノマネを披露。
ゆんぼだんぷ – タレント一覧 – 松竹芸能株式会社

・女芸人の森田まりこが、“夫と晩酌をする元タカラジェンヌ”のモノマネを披露。
吉本興業株式会社 芸人プロフィール | 森田まりこ

・2014年に大ブレイクしたお笑いコンビ「日本エレキテル連合」が、“バリバリ意識しているのにシラを切る女”のモノマネを披露。
日本エレキテル連合の感電パラレル – YouTube

・松竹芸能所属の女性お笑いコンビ「天然もろこし」の関根知佳(せきねちか)が、“気合の入った居酒屋店員の清々しい失敗”のモノマネを披露。
天然もろこし – タレント一覧 – 松竹芸能株式会社

・山本高広が、“街の人に上から挨拶をする巨大化した引越し作業員の赤井英和”のモノマネを披露。
山本高広 オフィシャルブログ powered by Ameba – アメーバブログ

・落合監督のものまねでお馴染みの牧田知丈が、“狭かったナゴヤ球場でホームランを量産するドラゴンズ打線”のモノマネを披露。

・お笑いコンビ「がるるまん」のわたるちゃんが、“幕張ライブで「LA・LA・LA LOVE SONG」を歌うもアレンジを加えすぎてファンを置いていく久保田利伸”のモノマネを披露。
がるるまん – お笑い芸能プロダクション ニュースタッフプロダクション

・平泉成のものまね一筋の末吉くんが、“実家に戻ってきた娘を叱り飛ばす父親役の平泉成”のモノマネを披露。
末吉くんオフィシャルブログ「お忙しいトコすいません」

・タイタン所属のお笑いコンビ「瞬間メタル」のタケタリーノ山口と前田ばっこーが、“大勢の的に囲まれ命乞いをしている姿がハワイアンの香りがしてしまうVシネマのチンピラ”のモノマネを披露。
瞬間メタルのプロフィール|タイタン

・マセキ芸能社所属のお笑いコンビ「モグライダー」の芝大輔(しばだいすけ)が、“どっちでもいいよ X JAPAN YOSHIKI”のモノマネを披露。
モグライダー – マセキ芸能社 MASEKI GEINOSHA Official Site

・ものまね芸人の森たくまとシンディーが、“執拗な取り調べに対し目だけで演技する木村多江”のモノマネを披露。
森たくま「ものまね」 (@makutarimo) | Twitter
シンディー – 石井光三オフィス

・あるあるネタでお馴染みのレイザーラモンRG(出渕誠)が、“やっと知っている曲を弾いてくれた雅楽器奏者の東儀秀樹”のモノマネを披露。
レイザーラモンRG (@rgizubuchi) | Twitter

審査員は、石橋貴明・木梨憲武(とんねるず)、関根勤、バナナマン。

番組公式サイト:とんねるずのみなさんのおかげでした – フジテレビ