カクタホテル殺人事件(1967年10月)を解決に導いた“捜査の神様”平塚八兵衛(ひらつかはちべえ)執念の捜査!/奇跡体験!アンビリバボー

カクタホテル殺人事件(1967年10月)を解決に導いた“捜査の神様”平塚八兵衛(ひらつかはちべえ)執念の捜査!/奇跡体験!アンビリバボー

117
シェア

いまから48年前の1967年(昭和42年)10月、東京都品川区の「カクタホテル」で女性(当時36歳)の遺体が発見されました。部屋からは遺書が発見されたことから警察は自殺と断定しました。

また、女性は勤務先から有価証券を持ち逃げし横領で指名手配されていたことが明らかに。

しかし、遺体が発見された部屋の不自然な状況に疑問を抱いた伝説の刑事がいました。それが、戦後最大の誘拐事件として知られる吉展ちゃん誘拐殺人事件を解決に導いた、“落しの八兵衛”や“捜査の神様”など数々の異名を持つ平塚八兵衛(ひらつかはちべえ/1913年9月22日-1979年10月30日)でした。

平塚八兵衛 – Wikipedia

執念の捜査の結果、男女が逮捕されました。女性は、犯人にそそのかされ横領し自殺に見せかけて殺害されていたのでした。

1967年(昭和42年)10月に発生した「カクタホテル殺人事件」は、2015年4月9日(木)19時57分から放送の「奇跡体験!アンビリバボー」(フジテレビ系)「実録!日本の戦慄殺人!!あわや完全犯罪暴いた名刑事の捜査SP」で紹介されます。

ストーリーテラーは、ビートたけし。

出演は、剛力彩芽、設楽統・日村勇紀(バナナマン)、小島慶子、斎藤工、藤吉久美子、ラブリ。

番組公式サイト:奇跡体験!アンビリバボー – フジテレビ