札幌の冬の風物詩「ササラ電車」出動準備完了

札幌の冬の風物詩「ササラ電車」出動準備完了

108
シェア
札幌の冬の風物詩「ササラ電車」出動準備完了

札幌市内を走行している路面電車の除雪用車両、通称「ササラ電車」をご存知でしょうか?

冬季、軌道上の雪をそのままにしておくと、圧雪されて埋まってしまい走行できなくなってしまいます。そのため、ある程度の降雪があった日には「ササラ電車」が出動し、軌道上を除雪します。

「ササラ」というのは、昔から使われてきた竹で作った食器などの洗浄器具のことです。家庭ではほとんど姿を消しましたが、今でも中華料理屋などで中華鍋の洗浄に使われています。

この竹製の器具を車両の前後に合わせて800束ほど取り付けたのが「ササラ電車」です。毎分255回転させることで軌道上の雪を勢いよくかきだし除雪します。

この電車の誕生は1925年(大正14年)で、戦前から活躍していました。いろいろな素材が試されたみたいですが、しなやかな反発力は竹が一番ということで21世紀の現在でも、竹が使われています。磨耗するのでひとシーズンに数回取り替えるんだとか。

毎年、初出動の様子がニュースとなり冬の風物詩となっています。札幌っ子はこのニュースを聞くと、これから訪れる本格的な雪のシーズンの到来を感じます。

今年の初出動はいつかな?

[box type=”shadow” ]

ササラ電車 函館市電 Snow blower a.k.a. ‘Sasara Densya’ in Hakodate,Hokkaido

[/box]

photo credit: kaiton via photopin cc