4000万円で買った幻の焼物の鑑定額は!?骨董に注ぎ込んだ金額1億数千万円!/開運!なんでも鑑定団-4月14日(火)20時54分~【ゲスト:石橋保】

4000万円で買った幻の焼物の鑑定額は!?骨董に注ぎ込んだ金額1億数千万円!/開運!なんでも鑑定団-4月14日(火)20時54分~【ゲスト:石橋保】

105
シェア

2015年4月14日(火)20時54分から放送の「開運!なんでも鑑定団」(テレビ東京系)は、「父に内緒で持参した絵に鑑定士ビックリ!?」をお届けします。

骨董収集歴50年になる依頼人が登場。大工だった依頼人は、総額1億数千万円を骨董に注ぎ込んできたが、お金を使いすぎてしまい現在はわずかな年金に頼って生活しているという。そこで、30年ほど前に一目ぼれして4000万円で購入した江戸時代初期の幻の焼物を鑑定してもらうことに。はたして!?

3年前に父親が買った有名画家の油絵を無断で持ち出し番組に鑑定を依頼。もし本物ならば相続税対策をしたいというが・・・これをテレビでやるなんてすごいね。

司会は、石坂浩二、今田耕司。進行アシスタントは、吉田真由子。

ゲストは、石橋保。出張リポーターは、松尾伴内。

鑑定士軍団は、中島誠之助(古美術鑑定家)、北原照久(「ブリキのおもちゃ博物館」館長)、安河内眞美(「ギャラリーやすこうち」店主)、阿藤芳樹(「阿藤ギャラリー」代表取締役)、永井龍之介(「永井画廊」代表取締役)、奥野保則(「観覧舎」店主)。

ナレーターは、銀河万丈、冨永みーな。

番組公式サイト:開運!なんでも鑑定団|テレビ東京