小木博明(おぎやはぎ)がホッキョクグマの動きを絶賛!浜松市動物園のキロル?【おぎやはぎのメガネびいき】

小木博明(おぎやはぎ)がホッキョクグマの動きを絶賛!浜松市動物園のキロル?【おぎやはぎのメガネびいき】

166
シェア
小木博明(おぎやはぎ)がホッキョクグマの動きを絶賛!浜松市動物園のキロル?【おぎやはぎのメガネびいき】

2015年4月16日(木)放送のラジオ番組「JUNK おぎやはぎのメガネびいき」で、おぎやはぎの小木博明(おぎひろあき)さんが娘と一緒に見たホッキョクグマホッキョクグマの動きを絶賛していました。

JUNK おぎやはぎのメガネびいき – Podcasting954

愛娘まあるちゃんと静岡県の動物園を訪れた小木さんは、そこにいたホッキョクグマの動きがまるで人が入っているようだと絶賛。わざと水飛沫が出るようにプールに飛び込んだり、ブイ(浮き)を持って壁打ちしヘディングしたり、筒を無理やり被ってそれが抜けないパフォーマンスなど、まるでギャラリーを意識しているようだと娘と一緒に爆笑したことを明かしました。

小木さんが絶賛したホッキョクグマは、放送内では「浜名湖動物園」と言っていましたが「浜松市動物園」(静岡県浜松市西区舘山寺町)で飼育されている「キロル」(雄)のことだと思われます。

「キロル」は、2008年12月に「円山動物園」(北海道札幌市)で生まれた双子のうちの1頭で「おびひろ動物園」(北海道帯広市)を経て2011年に同園にやって来ました。名前は「道」を意味するアイヌ語から。

じつはホッキョクグマは飼育下での自然繁殖が難しいとされていますが、「キロル」のお母さん「ララ」(20歳)はこれまで8頭を出産し育児に成功しているすごい個体。現在「円山動物園」では、2014年12月に誕生した8頭目の子供(まだ名前はない)が公開中です。

ちなみに「キロル」の兄弟である「イコロ」は、今月13日(月)に繁殖のため「おびひろ動物園」(北海道帯広市)から「上野動物園」(東京都台東区上野公園)へ移送されました。「イコロ」もまだまだやんちゃ盛り、静岡まで行かなくても「キロル」と同じように玩具で遊ぶホッキョクグマを見ることができますよ小木さん。

浜松市動物園

ホッキョクグマ

[box type=”shadow” ]
円山動物園にいたときのキロル
ホッキョクグマ くるりとキロル(円山動物園)

小木さんが見たと思われるホッキョクグマの動き
ブイを引っぱって投げる ホッキョクグマのキロル 浜松市動物園

[/box]

[box type=”shadow” ]「キロル」のお母さん「ララ」と2014年12月に誕生した8頭目の赤ちゃん
「キロル」のお母さん「ララ」と2014年12月に誕生した8頭目の赤ちゃん
[/box]

[box type=”shadow” ]

大きな地図で見る
[/box]