登山家・野口健がエベレスト級の大アウトを衝撃告白/アウト×デラックス【2015年4月23日(木)】

登山家・野口健がエベレスト級の大アウトを衝撃告白/アウト×デラックス【2015年4月23日(木)】

115
シェア
登山家・野口健がエベレスト級の大アウトを衝撃告白/アウト×デラックス【2015年4月23日(木)】

矢部浩之(ナインティナイン)、マツコ・デラックスが司会をつとめるバラエティ番組「アウト×デラックス」(フジテレビ系)、2015年4月23日(木)23時からの放送は「登山家・野口健がエベレスト級の大アウトを衝撃告白」。

登山家の野口健(のぐちけん/1973年8月21日-)さんは、1999年(25歳)にマッキンリーなど七大陸最高峰登頂を成功させ、当時の世界最年少登頂記録を樹立。ちなみに現在(2015年4月)の世界最年少登頂記録は2011年のジョーダン・ロメロによる15歳。日本人最年少記録は2004年の渡辺大剛(わたなべはるひさ/1981年8月25日-2012年12月26日)による22歳。

そんな世界的登山家として知られる野口健が番組初登場!富士山など清掃登山を行うなど番組の主旨である“アウト”な部分などないように思われたが・・・じつはエベレスト級のアウトな部分を持つ人物だった!?

ウィキペディアによると1995年にネパールで無戸籍の未成年の少女と結婚するも2年で離婚とあったがこれ!?

野口健公式ウェブサイト

野口健 (@kennoguchi0821) | Twitter

[box type=”shadow” ]1990年 8月(16歳) モンブラン (4,810m)登頂(ヨーロッパ大陸)
1990年12月(17歳) キリマンジャロ (5,895m)登頂(アフリカ大陸)
1992年 9月(19歳) コジアスコ (2,228m)登頂(オーストラリア大陸)
1992年12月(19歳) アコンカグア (6,960m)登頂(南米大陸)
1993年 6月(19歳) マッキンリー (6,168m)登頂(北米大陸)
1994年12月(21歳) ヴィンソン・マシフ (4,892m)登頂(南極大陸)
1996年 1月(22歳) エルブルス (4,892m)登頂(ヨーロッパ大陸、ロシア)
1996年10月(23歳) チョ・オユー (8,201m)登頂
1999年 5月(25歳) エベレスト (8,844m)登頂(アジア大陸)ネパール側 – 七大陸最高峰登頂の世界最年少記録樹立(当時)
2007年 5月(33歳) エベレスト (8,844m)登頂(アジア大陸)チベット側 – ネパール、チベットの両方からの登頂成功者は日本人8人目。

引用元:「野口健」(2015年3月29日 (日) 19:38(日時は個人設定で未設定ならばUTC)。)『ウィキペディア日本語版』。http://ja.wikipedia.org/wiki/野口健

[/box]

司会は、矢部浩之(ナインティナイン)、マツコ・デラックス。

アウト軍団は、大鶴義丹、加藤一二三、坂上忍、高橋ひとみ、遠野なぎこ、ミラクルひかる、矢部美穂、山里亮太(南海キャンディーズ)ほか。

ゲストは、野口健ほか。

番組公式サイト:アウト×デラックス – フジテレビ

番組公式ツイッター:『アウト×デラックス』公式 (outdx_fujitv) on Twitter