【チャールズ・ファジーノ】オリンピックに参加したアーティストの3D絵画を大島さと子が売却!

【チャールズ・ファジーノ】オリンピックに参加したアーティストの3D絵画を大島さと子が売却!

84
シェア

2015年4月27日(月)19時から放送の「私の何がイケないの?」(TBSテレビ系)は、大好評企画の第2弾「芸能人が人生の総清算!思い出の品を一斉売却SP」。

夕方の情報番組「レディス4」の司会をつとめていた大島さと子(おおしまさとこ/1959年9月17日-)さんがオリンピックに参加したアーティストによる3D絵画売却を決意。

そのアーティストとは、アメリカオリンピック委員会公式アーティストで3Dポップアートの第一人者として知られるチャールズ・ファジーノ!?

チャールズ・ファジーノ公式サイト|国内最大級の取扱量、画集やグッズの販売も。