武部寛則(たけべひろのり)極貧村だったガーナ・アチュワ村を救った日本人青年が起こした奇跡とは!?/奇跡体験!アンビリバボー【4月30日(木)】

武部寛則(たけべひろのり)極貧村だったガーナ・アチュワ村を救った日本人青年が起こした奇跡とは!?/奇跡体験!アンビリバボー【4月30日(木)】

119
シェア
武部寛則(たけべひろのり)極貧村だったガーナ・アチュワ村を救った日本人青年が起こした奇跡とは!?/奇跡体験!アンビリバボー【4月30日(木)】

2015年4月30日(木)19時57分から放送の「奇跡体験!アンビリバボー」(フジテレビ系)で、「遠く離れたアフリカの地で村長となり今でも称えられる日本人の偉業」が紹介される。

日本から遠く離れた西アフリカに位置するガーナ共和国。当時26歳の日本人青年・武部寛則(たけべひろのり)は青年海外協力隊員としてガーナ・アチュワ村へ。アチュワ村は極貧村でわずかな食料でなんとか命をつないでいる状況だった。

そんな状況を打破するため、武部さんはパイナップルを栽培し収入を得るために尽力しアチュワ村を救う。この功績が称えられ村長となるが、1989年に事故で亡くなる。

武部寛則さんについて詳しく知りたい方は、1991年に出版された「ガーナに賭けた青春―意志あるところ、道は通じる」(女子パウロ会)を参考。

ストーリーテラーは、ビートたけし。

出演は、剛力彩芽、設楽統・日村勇紀(バナナマン)、北斗晶、渡辺早織。

番組公式サイト:奇跡体験!アンビリバボー – フジテレビ

[box type=”shadow” ]

[/box]