ギネス認定の長寿番組「森田一義アワー 笑っていいとも!」2014年3月いっぱいで終了

ギネス認定の長寿番組「森田一義アワー 笑っていいとも!」2014年3月いっぱいで終了

103
シェア
ギネス認定の長寿番組「森田一義アワー 笑っていいとも!」2014年3月いっぱいで終了

フジテレビ系列で、1982年(昭和57年)から放送している、昼のバラエティ番組「笑っていいとも!」が来年3月いっぱいで終了することが、司会のタモリさんの口から明らかになりました。

芸能人としてなんとか格好がついた

10月22日(火)の同番組終了間際に、木曜日レギュラーの笑福亭鶴瓶さんがゲストとして登場。

わきあがる歓声を制止しながら「俺、聞いたんやけど、いいとも!終わるってほんま?」と質問し、タモリさんが「来年の3月でいいとも終わる」と明らかにしました。

続けて「でもねえ、俺、30からこの世界入ったじゃない?それで、するするっと横滑りしてはいってて・・・30から6年後にこの番組やったんです。だから、いいともで芸能人としてなんとか格好がついたんで、32年、フジテレビがずーっと守ってくれたんで、本当にこれ感謝してもしきれません。」

「それと出演者の皆さんにも大変お世話になりまして、国民の皆さまにも、ほんとどっち向いてもこれは感謝です。ありがとうございます。」と語りました。

森田一義アワー 笑っていいとも!

日本で知らない人なんていない国民的番組ですが、ウィキペディアによると、2002年(平成14年)4月5日に放送開始から5,000回目をむかえ、単独司会者による生放送の長寿番組としてギネスに認定されたそうです。

もちろん、フジテレビの帯番組として最長記録を現在も更新し続けています。

正式な番組タイトルは「森田一義アワー 笑っていいとも!」森田一義(もりたかずよし)はタモリさんの本名です。タモリさんが芸能界にはいったのは30歳を越えてからと遅咲きで、漫画家・赤塚不二夫さんは、その才能を見抜き後見人として若い頃のタモリさんの面倒を見ていたというのは有名な話ですよね。

2008年(平成20年)に、赤塚不二夫さんが死去した際、告別式で「私もあなたの数多くの作品の一つです。」と弔辞を読んだ映像には思わず涙してしまいました。

打ち切りの噂

「笑っていいとも!」が来春で打ち切りとなるという話は、数ヶ月前から一部週刊誌などで噂されていましたが、まさか本当だったなんて・・・

それにしても、終了を明らかにした際のタモリさんが淡々としていたのが気になりました。心中やいかに!?

[highlight]参考URL[/highlight]

森田一義アワー 笑っていいとも! – フジテレビ

photo credit: Soumyadeep Paul via photopin cc