宮武伸一(みやたけしんいち)大阪医科大学がんセンター特務教授 がん細胞を狙い撃ち!“新世代のがん治療”ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)とは!?/夢の扉+「がん細胞をピンポイントで叩く!~“涙の臨床”の記録」【2015年5月3日(日)】

宮武伸一(みやたけしんいち)大阪医科大学がんセンター特務教授 がん細胞を狙い撃ち!“新世代のがん治療”ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)とは!?/夢の扉+「がん細胞をピンポイントで叩く!~“涙の臨床”の記録」【2015年5月3日(日)】

240
シェア
宮武伸一(みやたけしんいち)大阪医科大学がんセンター特務教授 がん細胞を狙い撃ち!“新世代のがん治療”ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)とは!?/夢の扉+「がん細胞をピンポイントで叩く!~“涙の臨床”の記録」【2015年5月3日(日)】

俳優・向井理がナレーションをつとめるドキュメンタリー番組「夢の扉+」(TBSテレビ系)、2015年5月3日(日)18時30分からの放送は「がん細胞をピンポイントで叩く!~“涙の臨床”の記録」。

今回のドリーム・メーカーは、大阪医科大学がんセンターの宮武伸一(みやたけしんいち)特務教授(60歳)。

末期の脳腫瘍の患者たちが続々と訪れる場所、大阪医科大学。同大学では、細胞ひとつのレベルでがんを狙い撃ちに出来る、新世代のがん治療の研究が行われている。

この治療法は「ホウ素中性子捕捉療法(Boron Neutron Capture Therapy/BNCT)」と呼ばれ、世界一の臨床経験を持っているのが宮武伸一率いるチーム。

脳腫瘍は悪性になるとがんが正常な細胞と混じっているケースがほとんどで、外科手術による切除では脳機能を失う危険性を伴う。がん細胞だけを狙い撃ちにする「ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)」は、放射線の一種である中性子線とホウ素薬剤の反応を使って行う治療法。

番組では、余命1年と宣告された患者の驚愕の経過を紹介。

がんセンター|大阪医科大学附属病院

[box type=”shadow” ]性子捕捉療法(ちゅうせいしほそくりょうほう、英 Neutron Capture Therapy)とは、原子炉などからの中性子とガン組織に取り込まれた中性子との反応断面積が大きい元素との核反応によって発生する粒子放射線によって、選択的にガン細胞を殺すという原理に基づくガン治療法(放射線療法)である。この治療法に用いられる中性子増感元素としては10B、157Gd等が考えられているが、現在はホウ素のみが用いられており、この場合特にホウ素中性子捕捉療法(ほうそちゅうせいしほそくりょうほう、英 Boron Neutron Capture Therapy、BNCT)と呼ばれる。

引用元:「中性子捕捉療法」(2015年4月19日 (日) 06:15(日時は個人設定で未設定ならばUTC)。)『ウィキペディア日本語版』。http://ja.wikipedia.org/wiki/中性子捕捉療法

[/box]

ドリーム・メーカーは、宮武伸一(大阪医科大学がんセンター特務教授)。

ナレーションは、向井理。

番組公式サイト:夢の扉+|TBSテレビ

番組公式ツイッター:夢の扉+ (yumetobiplus) on Twitter

番組公式フェイスブック:TBS「夢の扉+」 | Facebook

[box type=”shadow” ]
TBS「夢の扉+」5月3日「オールジャパンの技術で患者に夢と希望を」

[/box]