【毎月第4火曜日は「シカの日」】生活協同組合コープさっぽろでエゾシカ肉販売スタート【大手スーパーでは初】

【毎月第4火曜日は「シカの日」】生活協同組合コープさっぽろでエゾシカ肉販売スタート【大手スーパーでは初】

222
シェア
生活協同組合コープさっぽろでエゾシカ肉販売スタート【大手スーパーでは初】

生活協同組合コープさっぽろは、10月22日(火)から道内の一部店舗()で大手スーパーでは初めてエゾシカ肉の生肉および加工品の販売を開始しました。

)ルーシー店(札幌市白石区)、ソシア店(札幌市南区)、みわ店(北見市)、遠軽みなみ店(遠軽町)、貝塚店(釧路市)、シーナ店(旭川市)の6店舗。

北海道ではエゾシカによる農林業への被害が深刻で、北海道庁は捕獲やエゾシカ肉の販路拡大に取り組んでいます。

エゾシカ肉の安全性を確保するためにトレーサビリティー制度を初導入し、食肉処理過程で獣医師もしくは獣医師の指導を受けた責任者による目視点検で異常がないか確認する体制が整ったため、コープさっぽろは一定水準の安全性の確保が可能として今回の販売に踏み切りました。

コープさっぽろが調達するのは、北海道庁の認証を受けた事業者「知床エゾシカファーム」で処理された肉で、捕獲されたエゾシカは健康状態をチェックするため、処理するまでの数ヶ月間飼育します。エゾシカ食肉事業協同組合のウェブサイトでは生産履歴検索が可能となっています。(※生産履歴検索|エゾシカ食肉事業協同組合

また、丸井今井札幌店大通館地下1Fの惣菜店「欧風惣菜店 ヴィヴルアンサンブル」でも、エゾシカ肉を使った惣菜の販売を開始。

「エゾシカと胡桃のタルト」「エゾシカのブロシェット(串焼き)」「エゾシカと柿のカイエット」「エゾシカの赤ワイン煮込み」などワインがすすみそうな惣菜が並びます。

ぜひ、ご賞味あれ。

[highlight]参考URL[/highlight]

エゾシカ食肉事業協同組合

毎月第4火曜は「シカの日」オフィシャルサイトへようこそ

生活協同組合コープさっぽろ

〈まるい〉のサイトへようこそ [丸井今井 札幌本店]

ヴィヴルアンサンブル(Vivre Ensemble) | 荻野伸也プロデュースの惣菜ショップ

photo credit: izik via photopin cc