【テプラ・ポメラ・ショットノート】宮本彰(キングジム社長)“10人に1人が欲しい”なら発売!面白文具の型破り開発術/カンブリア宮殿【2015/5/7】

【テプラ・ポメラ・ショットノート】宮本彰(キングジム社長)“10人に1人が欲しい”なら発売!面白文具の型破り開発術/カンブリア宮殿【2015/5/7】

152
シェア
【テプラ・ポメラ・ショットノート】宮本彰(キングジム社長)“10人に1人が欲しい”なら発売!面白文具の型破り開発術/カンブリア宮殿【2015/5/7】

村上龍がメインインタビュアーをつとめるバラエティ番組「カンブリア宮殿」(テレビ東京系)、2015年5月7日(木)21時54分からの放送は「『10人に1人が欲しい』なら発売!面白文具の型破り開発術」。

今回は、創業88年のオフィス・家庭用文具の開発を手がける「キングジム」を取り上げる。ちなみに社名は、“事務の王様”という意味。

同社はこれまでラベルライターの「テプラ」や、メモを取るだけの機能しかついていない「ポメラ」などヒット商品を生み出してきたことで知られる。番組では、市場調査をせず“10人に1人が欲しい”商品の開発現場を紹介。

ファイルとテプラのキングジム

メインインタビュアーは、村上龍。

サブインタビュアーは、小池栄子。

ゲストは、宮本彰(キングジム社長)。

番組公式サイト:カンブリア宮殿:テレビ東京

番組公式ツイッター:カンブリア宮殿 (cambrian_palace) on Twitter

番組公式フェイスブック:カンブリア宮殿 | Facebook