【動画】生沼晴嗣(おいぬませいじ)と上保朋子(じょうほともこ)が教えるクラシック作曲家の世界とは?/WAO弦楽四重奏団(わおげんがくしじゅうそうだん)【マツコの知らない世界】

【動画】生沼晴嗣(おいぬませいじ)と上保朋子(じょうほともこ)が教えるクラシック作曲家の世界とは?/WAO弦楽四重奏団(わおげんがくしじゅうそうだん)【マツコの知らない世界】

200
シェア
【動画】生沼晴嗣(おいぬませいじ)と上保朋子(じょうほともこ)が教えるクラシック作曲家の世界とは?/WAO弦楽四重奏団(わおげんがくしじゅうそうだん)【マツコの知らない世界】

ヴィオラ奏者の生沼晴嗣(おいぬませいじ)さんと、妻でバイオリニストの上保朋子(じょうほともこ)さんが、2015年5月12日(火)21時から放送の「マツコの知らない世界」(TBSテレビ系)に出演する。

年の差30才の音楽家夫婦がマツコ・デラックスに教えるのは“クラシック作曲家の世界”。おすすめのクラシックとは!?また、マツコが人生初となるオーケストラ生演奏に挑戦する。

元・読売日本交響楽団ヴィオラ奏者だった生沼晴嗣さんと、上保朋子(じょうほともこ)さん、志村知里(しむらちさと)さん、林一公(はやしかずまさ)さんで弦楽四重奏団「WAO弦楽四重奏団(わおげんがくしじゅうそうだん)」を結成し活動中。

ヴィオラ奏者 生沼晴嗣 公式ホームページ

上保朋子公式ホームページ

Ensemble moco | アンサンブル・モコ | Facebook

MCは、マツコ・デラックス。

ゲストは、“30年間お弁当を作りつづけた主婦”野上優佳子(お弁当の世界)、生沼晴嗣&朋子夫妻(クラシック作曲家の世界)。

番組公式サイト:マツコの知らない世界|TBSテレビ

[box type=”shadow” ]生沼晴嗣(おいぬませいじ)プロフィール
東京芸術大学付属高校を経て、1970年、同大学卒業後、日本フィルハーモニー交響楽団に入団。1973年退団。
故岩本政蔵、故井上武雄、故浅妻文樹、イツァーク・ショッテンの各氏に師事。
その後、古典音楽協会室内合奏団、東京ゾリステン室内合奏団を経て、1976年より、巌本真理弦楽四重奏団にて活躍。巌本氏亡き後、ソロ及び室内楽の分野で幅広く活動し、1992年より読売日本交響楽団ソロ・ヴィオラ奏者に就任。2012年3月退団。
日本大学芸術学部講師。武蔵野音楽大学講師。

上保朋子(じょうほともこ)プロフィール
4歳からピアノとヴァイオリンを始める。
1990年、全日本学生音楽コンクール東京大会小学生の部入選。2000年、日本モーツァルトコンクール東京大会入選。
桐朋女子高等学校音楽科を経て、桐朋学園大学音楽学部演奏学科を卒業。
現在、オーケストラ、ソロ、室内楽など多方面で活躍。
近年では、メンデルスゾーンやリヒャルトシュトラウスの協奏曲のソリストを務め、2013年10月には深谷シティフィルハーモニーとチャイコフスキーの協奏曲を共演する。
これまでに、山田かをる、松原広地、坂口真紀、鷲見健彰、石井志都子の各氏に師事。

引用元:http://www.wao-sq.com/profile.html

[/box]

[box type=”shadow” ]
D. Shostakovich: String Quartet No.8 in C-Minor op.110

[/box]