藤井宣晴(ふじいのぶはる)教授が証明した筋肉に秘められた血糖値を下げる新物質とは!? | 夢の扉+

藤井宣晴(ふじいのぶはる)教授が証明した筋肉に秘められた血糖値を下げる新物質とは!? | 夢の扉+

231
シェア
藤井宣晴(ふじいのぶはる)教授が証明した筋肉に秘められた血糖値を下げる新物質とは!? | 夢の扉+

向井理がナレーションをつとめる「夢の扉+」(TBSテレビ系)、2015年5月17日(日)18時30分からの放送は「新発見!筋肉が病気を予防する!?」。

今回のドリーム・メーカーは、首都大学東京大学院人間健康科学研究科の藤井宣晴(ふじいのぶはる)教授(48歳) 。

筋肉のなかには病気を予防するいろいろな物質が眠っていた!?筋肉に秘められた血糖値を下げる新物質とは!?

運動分子生物学研究室 – 首都大学東京

ドリーム・メーカーは、 藤井宣晴(首都大学東京大学院人間健康科学研究科教授)。

ナレーションは、向井理。

番組公式サイト:夢の扉+|TBSテレビ

番組公式ツイッター:夢の扉+ (yumetobiplus) on Twitter

番組公式フェイスブック:TBS「夢の扉+」 | Facebook

[box type=”shadow” ]
TBS「夢の扉+」5月17日「病を治す!?驚きの筋肉機能」

[/box]