札幌市ススキノのホテルで20歳女性死亡 義父が無理心中か?

札幌市ススキノのホテルで20歳女性死亡 義父が無理心中か?

128
シェア
札幌市ススキノのホテルで20歳女性死亡 義父が無理心中か?

10月28日(月)、北海道札幌市の歓楽街ススキノのホテルで、女性(20)の変死体が見つかりました。数時間前には、この女性の義理の父親(73)が自殺しているのが発見されており、警察が関連を調べています。

同日午前10時50分ごろ、札幌市南区の小学校の敷地内で男性が首をつっているのを通行人が発見。

警察が調べたところ男性の携帯電話に息子を名乗る人物から、父親と妻に連絡が取れないと電話があり、2人が宿泊していたホテルの部屋を調べたところ、午後2時半ごろ、ベッドの上で死亡している女性を発見したとのこと。

部屋からは男性が書いたとみられる「気がついたら手で首をしめた」という遺書が見つかり、警察は無理心中の可能性があるとみて捜査をすすめているそうです。

義理の父親と娘が2人きりで泊まり旅行に出かけることに違和感を感じるんですが(しかもツインタイプの同室)、いまどきよくある話なのかな?義理の母親と娘の同性同士なら、まあよくある話だとは思うんだけど。

で、ススキノのホテルだけど、あるテレビ局の報道ではボカシの処理が甘くて地元っ子なら誰でもわかるようになっていました。

義父が自殺した場所はホテルから約13キロ離れているんですが、わざわざ小学校を死に場所にしないでもいいのに。それも、子供たちが授業をうけている真っ最中に。

なんだかなあ。

photo credit: Takeshi Kawai via photopin cc