「黒子のバスケ」北海道の複合商業施設コーチャンフォーの運営会社に脅迫状 関連商品を撤去へ

「黒子のバスケ」北海道の複合商業施設コーチャンフォーの運営会社に脅迫状 関連商品を撤去へ

117
シェア
「黒子のバスケ」北海道の複合商業施設コーチャンフォーの運営会社に脅迫状 関連商品を撤去へ

北海道で複合商業施設コーチャンフォーなど9店舗()を運営している、株式会社リラィアブルは31日(木)、漫画「黒子(くろこ)のバスケ」()の単行本など関連商品を店頭より一時撤去することを決めたそうです。

)藤巻忠俊による週刊少年ジャンプで連載中の漫画で単行本は累計発行部数2,300万部の人気作品。

これは、釧路市にある本社宛に同漫画関連の商品を11月3日(水)までに撤去しなければ客に危害を及ばすといった内容の脅迫状が届いたため。

同様の脅迫状は先月から、TSUTAYAを運営するカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社や、全国の大手書店などに相次いで届いており、TSUTAYAではすでに撤去を決めていますが、一方で、紀伊國屋書店、ジュンク堂書店、三省堂書店などは撤去せず対応は分かれる形となっています。

同漫画をめぐっての脅迫は今回が初めてではなく、1年ほど前から原作者の母校などに脅迫状が届くなどし、各地でイベントが相次いで中止になるなど影響が出ています。

なにか執念めいたものが犯人から感じられますが、動機って一体なんなんでしょうね。

ちなみに「コーチャンフォー」の由来は「4頭立ての馬車」を意味する「coach and four」からきています。創業者が「こーちゃん」というわけではありません。書店、CD&DVDショップ、文具店、カフェ&レストランが1つになっていて、札幌にも郊外に3店舗あり道産子にはお馴染みの商業施設です。

)「コーチャンフォー美しが丘店(札幌市)」「コーチャンフォーミュンヘン大橋店(札幌市)」「コーチャンフォー新川通り店(札幌市)」「コーチャンフォー旭川店(旭川市)」「コーチャンフォー北見店(北見市)」「コーチャンフォー釧路店(釧路市)」「リラブ 運動公園通り店(釧路町)」「リラブ ルート38号店(釧路市)」「リラブ 根室店(根室市)」

[highlight]参考URL[/highlight]

全国最大規模の複合店コーチャンフォー公式サイト【書店、CD・DVDショップ、文具店、カフェ&レストランが1つになった超大型店】

黒子のバスケ アニメ公式サイト

photo credit: clappstar via photopin cc