サル痘(さるとう/monkeypox)2003年にアメリカ中西部で発生!感染源はプレーリードッグ!<奇跡体験!アンビリバボー>

サル痘(さるとう/monkeypox)2003年にアメリカ中西部で発生!感染源はプレーリードッグ!<奇跡体験!アンビリバボー>

102
シェア
サル痘(さるとう/monkeypox)2003年にアメリカ中西部で発生!感染源はプレーリードッグ!<奇跡体験!アンビリバボー>

2015年6月11日(木)19時57分から放送の「奇跡体験!アンビリバボー」は、「実録!恐怖!!人類滅亡の危機!!悪魔のウイルス感染」。

2003年、3歳の少女が発熱や発疹を訴えて病院を訪れた。検査の結果、かつて世界中で猛威をふるい5億人が亡くなった天然痘ウイルスが発見された。撲滅したはずなのにいったいなぜ!?また、調べてみると少女と似たような症状を訴えた人が、アメリカ中西部の5つの州、ウィスコンシン州(39例)、インディアナ州(16例)、イリノイ州(12例)、カンザス州(1例)、ミズーリ州(2例)とオハイオ州(1例)の合計71例に及んでいた!

その正体は、サルの天然痘であるサル痘(さるとう/monkeypox)だった。感染源は、ペットのプレーリードッグでさらにガンビアネズミから感染していたことが明らかになった。

天然痘ウイルス – Wikipedia

2003 Midwest monkeypox outbreak – Wikipedia, the free encyclopedia

サル痘 – Wikipedia

ストーリーテラーは、ビートたけし。

出演は、剛力彩芽、設楽統・日村勇紀(バナナマン)、坂下千里子、広瀬アリス。

番組公式サイト:奇跡体験!アンビリバボー – フジテレビ