鉛筆部隊とは?代沢小学校の学童疎開生徒と特攻隊との心温まる交流とは?きむらけんの書籍は?/奇跡体験!アンビリバボー-2015年8月13日(木)19時57分~

鉛筆部隊とは?代沢小学校の学童疎開生徒と特攻隊との心温まる交流とは?きむらけんの書籍は?/奇跡体験!アンビリバボー-2015年8月13日(木)19時57分~

125
シェア
鉛筆部隊とは?代沢小学校の学童疎開生徒と特攻隊との心温まる交流とは?きむらけんの書籍は?/奇跡体験!アンビリバボー-2015年8月13日(木)19時57分~

2015年8月13日(木)19時57分から放送の「奇跡体験!アンビリバボー」(フジテレビ系)は、「仰天!!大失敗(秘)衝撃映像!!」をお届けします。

今回は、「古今東西から集めたとびっきりの衝撃映像SP」と「今明かされる戦争の記録」。

今回は、世界中から集めた“一瞬先は何が起こるかわからない”と実感させる衝撃映像を一挙紹介します。

「今明かされる戦争の記録」では、第二次世界大戦秘話を紹介。2009年、山梨県のとある場所で行われた骨董市。骨董市で掘り出し物を探していた矢花さんは、70年前に投函されたハガキを見つけた。消印の下には“鉛筆部隊”と印刷されており、ネットで調べてみると、歴史文化研究家の“きむらけん”さんのブログにたどり着いた・・・鉛筆部隊とは!?

鉛筆部隊とは、戦争末期に長野・松本の浅間温泉に疎開していた代沢小学校(東京都世田谷区)の学童疎開生徒たちのこと。ちなみに“鉛筆部隊”は生徒たちを引率していた教師の柳内達男さんが命名。

同じく浅間温泉に滞在していた特攻隊と生徒たち(鉛筆部隊)との交流があったという。

「鉛筆部隊と特攻隊―もうひとつの戦史」

Web東京荏原都市物語資料館 – livedoor Blog(ブログ)

ストーリーテラーは、ビートたけし。

スタジオメンバーは、剛力彩芽、設楽統・日村勇紀(バナナマン)。

スタジオゲストは、里海、柳原可奈子。

番組公式サイト:奇跡体験!アンビリバボー – フジテレビ

[box type=”shadow” ]特攻隊と疎開学童の知られざる心の交流!
太平洋戦争末期1945 年2 月~ 3 月、信州松本の浅間温泉に滞在中の特攻隊
(武剋隊・武揚隊:学徒兵含む、満州新京で編成)と世田谷の代沢小学校の
学童疎開生徒たち(鉛筆部隊)との間には心温まる交流があった。
ほとんど知られていないこの史実を、戦後64 年、元疎開児童の一人が
発したメール(疎開寮の寮歌の歌詞を尋ねた)をきっかけに、
さまざまな人々の証言と多くの新発見資料(手紙・辞世の句の遺墨ほか)
などをもとに浮かび上がらせる感動ノンフィクション。

※鉛筆部隊 疎開児童を引率していた国語教師、柳内達
男氏が命名。実に多くの作文(手紙」)が書かれ、一部
現存している。本書でも貴重な証言として掲載。子供
たちもまた鉛筆で戦っていた。また、「週間少國民」に
は「神鷲と鉛筆部隊」として、交流が紹介されている。 

今日、突然出発することになって、こちらへ来ました。
今日は岐阜泊まりです。元気な明ちゃん達とお別れして
急にさびしくなってしまいました。皆さんと一緒に楽しく過ごした
浅間での事をなつかしく思い出しています。もう近く再疎開ですが、
どこへ行っても元気にしっかりべんきょうしてください。さようなら

疎開学童、松本明美さん(当時小学4 年)にあてた武剋隊の特攻隊員、
時枝 宏軍曹(20 歳)の最期の手紙。彼は、この七日後の四月三日に
特攻機に乗って出撃し、沖縄沖で戦死している。 

特攻隊員の遺墨・・・本書取材過程の2012 年3 月
新たに見つかる。上記手紙との本音と建前の落差に
胸をつかれる。書き残したものが『きけわだつみのこえ』で
紹介された会津出身、明治学院、長谷川信学徒兵の遺墨もある。

引用元:http://www.amazon.co.jp/%E9%89%9B%E7%AD%86%E9%83%A8%E9%9A%8A%E3%81%A8%E7%89%B9%E6%94%BB%E9%9A%8A%E2%80%95%E3%82%82%E3%81%86%E3%81%B2%E3%81%A8%E3%81%A4%E3%81%AE%E6%88%A6%E5%8F%B2-%E3%81%8D%E3%82%80%E3%82%89-%E3%81%91%E3%82%93/dp/4779117992

[/box]