堀田秋津(ほったあきつ)ノーベル賞の山中教授が期待する最年少主任研究員/夢の扉+-9月20日(日)18時30分~

堀田秋津(ほったあきつ)ノーベル賞の山中教授が期待する最年少主任研究員/夢の扉+-9月20日(日)18時30分~

111
シェア

2015年9月20日(日)18時30分から放送の「夢の扉+」(TBSテレビ系)は、「ノーベル賞の山中教授が期待する最年少主任研究員!」をお届けします。

今回は、シリーズ “iPS細胞が拓く未来”の第1弾ということで、iPS細胞(人工多能性幹細胞)の作製に成功した山中伸弥教授が期待する最年少主任研究員、堀田秋津(ほったあきつ)さんを取り上げます。

堀田さんは、筋力が少しづつ衰え最後は死にいたる難病「デュシェンヌ型筋ジストロフィー」の治療法確立に挑んでいます。

iPS細胞基本情報 – 京都大学 iPS細胞研究所

堀田 秋津 – 京都大学 iPS細胞研究所

京都大学 iPS細胞研究所|堀田研究室

出演者

ドリーム・メーカーは、京都大学iPS細胞研究所工学博士・堀田秋津(37歳)。

ナレーションは、向井理。

番組公式サイト

夢の扉+|TBSテレビ

[box type=”shadow” ]
TBS「夢の扉+」9月20日「すごいぞ!iPS細胞研究の最前線!」

[/box]