北海道新婚旅行中の中国人夫婦がコンビニ店員に暴行して逮捕 精算前にアイスを食べ注意され

北海道新婚旅行中の中国人夫婦がコンビニ店員に暴行して逮捕 精算前にアイスを食べ注意され

135
シェア

2015年9月26日(土)、北海道札幌市のコンビニで店員に暴行した中国人夫婦が逮捕されました。

同日午後10時30分すぎ、北海道札幌市中央区北5条西6丁目のコンビニで男性店員(24歳)に暴行したとして傷害容疑で逮捕されたのは、上海の銀行員の荣嘉欣(36歳)と妻の赵昕昱(25歳)。妻が精算前のアイスを食べ始めたため、店員が注意したところ夫婦から暴行されたそうです。

なんでも妻が侮辱されたと思ってブチ切れちゃったみたいですよ。顔を殴ったり、髪を掴んで引っ張り倒したり、蹴ったりと夫婦揃って激しい暴行を加えたみたい。

ちなみにコンビニは、北海道通信ビルのローソンのようです。

中国人は精算前の商品の封を開けて食べるなんてことを聞きますが、中国では当たり前のことなんでしょうか?そういえば、数年前にハワイのスーパーで精算前のサンドイッチを食べ、会計時にその包装紙を出し忘れた夫婦が窃盗で逮捕されたなんて事件がニュースになっていましたが、アメリカでは精算前に商品を封を開けて飲み食いするのは当たり前みたい。

中国人は命よりも面子(めんつ)を大事にするといいますから、店員の身振りが妻を侮辱されたと勘違いして頭に血が上っちゃったんでしょうね。なんだ面子って?じゃあ、侮辱もしていないのに一方的に暴行された店員の面子はどうなんのよ?潰された面子を取り戻すためには・・・てことになっちゃうよね。中国人同士、面子がぶつかった場合って一方が死ぬまで終わらないのかしら。知らんけど。

北海道は台湾、中国、韓国、最近じゃマレーシアから多くの観光客が訪れています。“精算前商品開封飲食禁止”なんて貼り紙をしないとね。

[box type=”shadow” ]

[/box]