ドイツをまんまと欺いたイギリスのミンスミート作戦(Operation Mincemeat)とは!?世界まる見え!テレビ特捜部

ドイツをまんまと欺いたイギリスのミンスミート作戦(Operation Mincemeat)とは!?世界まる見え!テレビ特捜部

103
シェア

2015年9月28日(月)19時から放送の「世界まる見え!テレビ特捜部」(日本テレビ系)は、「秋の夜長の危機一髪2時間SP」。世界中から集めた“危機一発”な映像を一挙紹介!!

ゲストは、赤井沙希、上遠野太洸、小峠英二(バイきんぐ)、竹内力、吉本実憂。

第二次世界大戦中にイギリスがヒトラー率いるナチスに勝つため実行したミンスミート作戦(Operation Mincemeat)を取り上げます。ナチスを見事に欺いた驚愕の作戦内容とは!?※ちなみにMincemeatとはイギリス英語で挽肉の意。

番組公式サイト

世界まる見え!テレビ特捜部|日本テレビ

[box type=”shadow” ]ンスミート作戦(ミンスミートさくせん、英: Operation Mincemeat)は、第二次世界大戦中の1943年にイギリス軍が実行し、非常な成功を収めた諜報作戦(欺瞞作戦)であり、ナチス・ドイツの上層部に連合国軍の反攻予定地はギリシャとサルデーニャを計画していると思い込ませ、実際の計画地がシチリアであることを秘匿することに成功した。

これはドイツ側に、彼らが全くの「偶然」から、連合国軍側の戦争計画に関する「極秘書類」を入手したと信じ込ませることで成し遂げられた。実は極秘書類はこの作戦のために用意された死体に固定されて、スペインの沿岸に漂着するように故意に投棄されたものであった。作戦の概要は、1953年に出版された書籍 The Man Who Never Was(『存在しなかった男』、筑摩書房刊行の日本語訳では『ある死体の冒険』)において大部分が明らかにされている。

引用元:「ミンスミート作戦」(2015年9月17日 (木) 13:00(日時は個人設定で未設定ならばUTC)。)『ウィキペディア日本語版』。http://ja.wikipedia.org/wiki/ミンスミート作戦

[/box]