10歳で最高月収3,000万円!あっぱれ内山信二が転落人生をテレビ初告白!16歳で仕事0貯金0/しくじり先生3時間スペシャル

10歳で最高月収3,000万円!あっぱれ内山信二が転落人生をテレビ初告白!16歳で仕事0貯金0/しくじり先生3時間スペシャル

112
シェア

「あっぱれさんま大先生」に出演し大ブレイクした、元子役・内山信二(うちやましんじ/1981年9月25日-)が、2015年11月2日(月)19時から放送の「しくじり先生 俺みたいになるな!!」(テレビ朝日)に出演します。

内山信二は、過去に大きな失敗をおかしたゲストを“しくじり先生”としてまねき、その経験を語ってもらうバラエティ番組「しくじり先生 俺みたいになるな!!」の3時間スペシャルに、“人生のピークが早すぎちゃった先生”として登場します。

あっぱれさんま大先生

明石家さんまが先生となって生徒役の子役たちとトークを繰り広げる「あっぱれさんま大先生」(フジテレビ系)に、6年に渡り出演していた内山信二。その人気はすさまじく小学生10歳にして最高月収3,000万円を稼いでいたとか。

金銭崩壊

月に3,000万円も稼いでいたら、そりゃ金銭感覚も崩壊します。崩壊するというか、当たり前になるのか。なんたって月収30万円の100倍だから、常人にとって1万円が内山君にとっては100円ぐらいの感覚になるんだもん。あ、でも小学生の頃の金銭感覚なんて、何十円とか何百円とかの世界だから想像もつかないか。

小学生にして大金を手に入れた内山君の金銭感覚はというと。駄菓子屋で大人買い!棚のはじからはじまで買っていたとか。駄菓子屋なんて小銭を握り締めて行くもんでしょうが!

また、子供たちの遊びの定番で鬼ごっこの一種「ケイドロ(警察と泥棒)」のときタクシーで逃げていたらしい。まあ、なんて憎たらしい子供なんでしょう(笑)

小さい頃からぷくぷく太っていた内山君。それもそのはず、毎日のように高級焼肉店に通っていたそうで、あっぱれ先生で見ていた内山君の脂肪は、高級和牛の脂で出来ていたんですね。

転落

10歳にして最高月収3,000万円を稼いでいた内山君。子役の宿命か、成長とともに仕事は減少し、16歳のときには仕事はゼロ、そして貯金は0円に転落してしまいます。というかあんだけ稼いでいてわずか6年で無くなるもんかね。いったって子供のお金の使い方なんてたかが知れてると思うけど。

現在、栄光からどん底を味わった34歳になった内山君が、早くに成功した人が人生を迷わないための授業をします。

内山信二 – 石井光三オフィス

出演者

<しくじり先生>
内山信二、内村周子、G.G.佐藤

<担任>
若林正恭(オードリー)

<レギュラー生徒>
吉村崇(平成ノブシコブシ)

<生徒>
あき竹城、足立梨花、伊集院光、井上尚弥、菊地亜美、榊原郁恵、坂下千里子、澤部佑(ハライチ)、関根勤、高畑淳子、竹内涼真、辻希美、ラブリ、遼河はるひ

番組公式サイト

しくじり先生 俺みたいになるな!!|テレビ朝日