「和食 日本人の伝統的な食文化」無形文化遺産に登録決定

「和食 日本人の伝統的な食文化」無形文化遺産に登録決定

249
シェア
「和食 日本人の伝統的な食文化」無形文化遺産に登録決定

アゼルバイジャン共和国の首都・バクーで開かれている国連教育科学文化機関(UNESCO,ユネスコ)は4日(水)、「和食 日本人の伝統的な食文化」を無形文化遺産に登録することを決めました。

日本の登録はこれで22件目となり、食文化では初となります。

2010年に「フランスの美食術」などが無形文化遺産に登録されたことを受け、京都の料理人らでつくる「NPO法人 日本料理アカデミー()」が日本料理を無形文化遺産にと京都府に要望書を提出し、日本政府も原発事故で揺らいだ日本の農水産物の信頼回復につながるとして検討会を経てユネスコに登録を提案していました。

無形文化遺産 | 日本料理アカデミー

提案書では、和食を”自然の尊重”という日本人の精神を体現した食に関する”社会的慣習”と位置づけ、「多様で新鮮な食材とその持ち味の尊重」「栄養バランスに優れた健康的な食生活」「自然の美しさや季節の移ろいの表現」を特色としてあげていました。

「フランスの美食術」「地中海料理」「メキシコの伝統料理」「トルコの麦がゆ(ケシケキ)の伝統」そして「和食 日本人の伝統的な食文化」の無形文化遺産登録、日本人として嬉しいかぎり。

wasyoku!wasyoku!wasyoku!

[highlight]「日本の無形文化遺産」※カッコ内は登録年[/highlight]

能楽(2008年)/人形浄瑠璃文楽(2008年)/歌舞伎(2008年)/雅楽(2009年)/小千谷縮・越後上布(2009年)/石州半紙(2009年)/日立風流物(2009年)/京都祇園祭の山鉾行事(2009年)/甑島のトシドン(2009年)/奥能登のあえのこと(2009年)/早池峰神楽(2009年)/秋保の田植踊(2009年)/チャッキラコ(2009年)/大日堂舞楽(2009年)/題目立(2009年)/アイヌ古式舞踊(2009年)/組踊(2010年)/結城紬(2010年)/壬生の花田植(2011年)/佐陀神能(2011年)/那智の田楽(2012)/和食 日本人の伝統的な食文化(2013)

[box type=”shadow” ]「和食 日本人の伝統的な食文化」無形文化遺産に登録決定

引用元:http://www.maff.go.jp/j/study/syoku_vision/gaiyo2.html

[/box]

[highlight]参考URL[/highlight]

UNESCO | Building peace in the minds of men and women

農林水産省/「和食;日本人の伝統的な食文化」の内容

日本ユネスコ国内委員会 :文部科学省

Permanent Delegation of Japan to UNESCO – Japanese Diplomatic Mission

photo credit: sizima via photopin cc