北島三郎が紅白引退へ 通算50回出場の節目で幕

北島三郎が紅白引退へ 通算50回出場の節目で幕

168
SHARE
北島三郎が紅白引退へ 通算50回出場の節目で幕

演歌界の大御所・北島三郎(きたじまさぶろう)さんが、第64回NHK紅白歌合戦をもって紅白を引退するそうです。本日、所属レコード会社で記者会見を開き、北島さん自らが経緯などを説明するとのこと。

現在の北海道知内(しりうち)町出身の北島さんは、1962年(昭和37年)に日本コロムビアより「ブンガチャ節」でデビュー。

本名は「大野穣(おおのみのる)」で「北島三郎」は「北海道(北の島)生まれの三郎」が由来なんだそうですよ。

1963年(昭和38年)の紅白初出場以来、途中「ある事」が原因で連続出場は途切れたものの、通算50回目をむかえる今年が自身の引退にふさわしいと判断されたようです。

来年からは紅白で「まつり」を聞くことができなくなると思うと寂しいかぎりです。

次は和田アキ子さんの引退なのかな?

[box type=”shadow” ] 島 三郎(きたじま さぶろう、1936年10月4日 ‐ )は、日本の演歌歌手、俳優、作詞家、作曲家。

「函館の女」に始まる『女』シリーズ、「兄弟仁義」などの『任侠』シリーズなど、数多くのヒット曲がある。本名は大野穣(おおのみのる)。一般にはサブちゃんという愛称で呼ばれている。

原 譲二(はら じょうじ)のペンネームでも知られ、自身の楽曲の作詞・作曲ばかりでなく、自身の舞台のシナリオ・演出や、北島ファミリーはじめ、他の演歌歌手への楽曲提供など、マルチな活動を精力的に行っている。

作曲家・船村徹門下出身で、門下生で作る「船村徹同門会」(会長・鳥羽一郎)では名誉相談役を務める。

引用元:「北島三郎」( 2013年12月3日 (火) 11:25(日時は個人設定で未設定ならばUTC)。)『ウィキペディア日本語版』。http://ja.wikipedia.org/wiki/北島三郎
[/box]

[box type=”shadow” ]
北海道最南端の道立自然公園(松前矢越道立自然公園)知内町から出航の矢越海岸アドベンチャーズ
道南の秘境を巡る大人気感動クルーズ

[/box]

[highlight]参考URL[/highlight]

北島三郎|北島音楽事務所

第64回NHK紅白歌合戦 – NHKオンライン

北海道知内町

photo credit: Nukamari via photopin cc