北海道羽幌(はぼろ)町汐見で風車の羽根が落下 落雷が原因か?

北海道羽幌(はぼろ)町汐見で風車の羽根が落下 落雷が原因か?

209
SHARE
北海道羽幌(はぼろ)町汐見で風車の羽根が落下 落雷が原因か?

北海道羽幌(はぼろ)町汐見の「オロロン風力発電所」で5日(木)、1号基風車の羽根が折れて落下しているのが発見されました。

この風車を管理する風力発電事業者のエコ・パワー株式会社によると、前日夜に風車周辺で落雷が観測されており、雷の直撃を受けた可能性があるとみられています。

詳しい落下原因については現在調査中とのこと。

ちなみに風車はデンマークのNEG Micon製で、発電能力は400キロワット。

長さ14.4メートル、重さ1.15トンもの巨大な羽根が36メートル下に落下なんて、もし遭遇したとしたらすごい迫力なんでしょうね。

北海道では今年9月にも、羽幌町に隣接する苫前(とままえ)町で、羽根が落下する事故()が発生したばかり。こちらのケースはその後の調査で補修ミスが原因であったことが明らかになっています。

【苫前町】風力発電施設「苫前グリーンヒルウインドパーク」で風車の羽根が落下【とままえちょう】

[box type=”shadow” ]
【HD】風力発電/北海道オロロンライン/wind farms wind power plantsPart1
http://www.youtube.com/watch?v=vAraQSSnvC0
[/box]

[highlight]参考URL[/highlight]

羽幌町ホームページ

風力発電:エコ・パワー株式会社 EcoPower Co.,Ltd.

photo credit: Sony200boy via photopin cc