南アフリカ共和国元大統領のネルソン・マンデラ氏死去

南アフリカ共和国元大統領のネルソン・マンデラ氏死去

160
シェア
南アフリカ共和国元大統領のネルソン・マンデラ氏死去

南アフリカ共和国の反アパルトヘイト闘争を指導したネルソン・マンデラ元大統領が、現地時間12月5日にヨハネスブルクの自宅で死去しました。95歳でした。

肺の感染症などで入退院を繰り返していたとのことです。

[box type=”shadow” ]
Nelson Mandela Death: A Look at South Africa’s First Black President

[/box]

[box type=”shadow” ] ルソン・ホリシャシャ・マンデラ(コサ語: Nelson Rolihlahla Mandela、1918年7月18日 – 2013年12月5日)は、南アフリカ共和国の政治家、弁護士である。

若くして反アパルトヘイト運動に身を投じ、1964年に国家反逆罪で終身刑の判決を受ける。27年間に及ぶ獄中生活の後、1990年に釈放される。翌1991年にアフリカ民族会議(ANC)の議長に就任。デクラークと共にアパルトヘイト撤廃に尽力し、1993年にノーベル平和賞を受賞。1994年、南アフリカ初の全人種参加選挙を経て同国大統領に就任。民族和解・協調政策を進め、経済政策として復興開発計画(RDP)を実施した。1999年に行われた総選挙を機に政治家を引退した。

引用元:「ネルソン・マンデラ」(2013年12月6日 (金) 13:23(日時は個人設定で未設定ならばUTC)。)『ウィキペディア日本語版』。http://ja.wikipedia.org/wiki/ネルソン・マンデラ

[/box]

[highlight]参考URL[/highlight]

南アフリカ共和国 | 外務省 – Ministry of Foreign Affairs of Japan

マンデラ元南アフリカ共和国大統領の逝去に関する安倍内閣総理大臣の談話

photo credit: Abode of Chaos via photopin cc