正月用にどう?道南えりも町で毛ガニ漁はじまる

正月用にどう?道南えりも町で毛ガニ漁はじまる

211
シェア
正月用にどう?道南えりも町で毛ガニ漁はじまる

道南、日高振興局管内のえりも町で6日(金)より毛ガニ漁がはじまりました。来年2月いっぱいまで。

寒流と暖流がぶつかる海域で育った毛ガニは、身がほどよく締まっていて味もよいとのこと。

えりも漁業協同組合では、浜ゆで毛ガニと活毛ガニを販売中。

[box type=”shadow” ]
毛蟹の食べ方 高画質

[/box]

[box type=”shadow” ]ガニ(毛蟹、Erimacrus isenbeckii)は、エビ目カニ下目クリガニ科に分類されるカニの1種。北西太平洋の沿岸域に広く分布する大型のカニで、食用に漁獲される。別名はオオクリガニ(大栗蟹)。

最大で甲長120mmに達し、オスの方が大型になる。全体的にずんぐりした印象で、体は全身が淡赤褐色で、体を覆う殻はあまり硬くはないが、短い剛毛が密生し、和名はこれに由来する。

甲羅はわずかに縦長の円形で、鋸の歯のような棘が両眼の間に4つ、甲羅の側面に7つある。歩脚は太く、甲羅と同様に短い毛と棘が密生する。鋏脚は歩脚よりさらに短く、太さも棘も歩脚と同じくらいである。

引用元:「ケガニ」(2013年9月5日 (木) 08:11(日時は個人設定で未設定ならばUTC)。)『ウィキペディア日本語版』。http://ja.wikipedia.org/wiki/ケガニ

[/box]

[highlight]参考URL[/highlight]

海と大地のふるさと えりも町

えりも漁業協同組合

北海道日高振興局のホームページ

photo credit: urasimaru via photopin cc